なるべく多く借りたいが

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローン、街の金融業者でお金を借りるが悪いこと、と考える人は徐々に少なくなってきています。
気軽にお金を借りられる環境ができたのはとても良いことです。
しかし、それに伴ってお金を借りすぎてしまう問題も多く発生しています。

 

銀行のカードローンでも街の金融業者でも、希望する限度額と審査の難易度は比例します。
つまり、希望限度額が低ければそれだけ審査も甘く、限度額が多ければそれだけ審査は厳しくなるということです。

 

審査は簡単な方がいいと考える人がほとんどでしょう。誰だって審査に落ちたくありません。
なので、限度額を低く希望を出して、複数の業者から借りようと考えてしまいます。

 

2社目までであればそれでも問題ないのでしょう。しかし、3社目となるとそれもさすがに厳しくなってきます。
3社目の審査に運良く通ったとしても、あまり多くのお金は借りられないでしょう。

 

また、人にはそれぞれ借金の限度額があります。
この限度額は貸金業者が定める限度額とは別のもので、全ての金融機関(銀行は除く)から借りているお金を合算して「その金額までしか借りてはいけない」と法律で定められている金額です。

 

この決まりを、総量規制と言います。
人によって限度額は異なります。年収の3分の1が限度額の基準とされているからです。
もし、すでにお金を借りたいと考えている人は、現在の銀行以外からの借り入れ、ローン商品の限度額が年収の3分の1にどれだけ近づいているかを見てましょう。

 

3社目が厳しいなら、おまとめローンの検討も

2社まで借入の中で、3分の1まである程度余裕があるのであれば、3社目は多く借りられます。
しかし、2社目までの借り入れで3分の1までもう少しとなれば、3社目ではあまり借りられません。

 

借りれる額は、人それぞれですのでなんともいえませんが、2件目に借りられた金額の1/3くらいでしょう。
なので、2件目30万借りられたら10万円くらい。50万円なら20万円くらいがいいところだと思います。

 

3社目を申し込む際、この見極めをしっかりとしておかないと、申し込みの時点で年収の3分の1をオーバーしているということもあります。
その場合、審査で落とされてしまいます。

 

2社目までの借り入れが全て、街の金融業者や消費者金融であるならば、おまとめローンを利用してまとめてしまうのも手でしょう。
おまとめローンも銀行と同じく総量規制の対象外になります。
銀行のおまとめローンでも消費者金融のおまとめローンでもその辺りは変わりありません。

 

まとめることによって3社目でなく2社目となりますし、3社目で設定できる限度額にかなりの余裕ができてきます。
おまとめローンに成功して、借金の返済が進んでくれば、新たに融資枠を設けてくれる場合があります。
その場合は審査がありませんので、スムーズに追加借入ができます。

 

しかし、追加融資に関してはしっかりと返済をしていれば甘いところも多いので、すでに借りている貸金業者に増額をお願いするのもいいでしょう。