1ヶ月程度のバイトでは厳しい?

勤務先に関する情報、はカードローンの審査において重要なポイントです。
勤務先の場所、給料の額、雇用形態か、そして現在の勤務先での職歴はどれくらいか・・・など。様々な観点から見られます。

 

大手消費者金融でも地域密着型キャッシング業者でも、こうした情報のチェックポイントはあまり変わりません。
アルバイトでしかも職歴浅いとなると、カードローンの審査ではかなり不利になります。

 

職歴が1か月程度だと、審査はかなり厳しくなります。
ほとんどの確率で落ちてしまうでしょう。最低でも3か月はないと難しいでしょう。
職歴が6か月もあれば、立派な職歴となることでしょう。もう「浅い」という扱いはされなくなります。

 

しかし、そもそもアルバイトでは申込みができないというカードローンもあります。
必ず申し込みをする際に、アルバイトでも申し込み可能かを確認しておくことが大切です。
そして考えておきたいのが在籍確認のこと。

 

アルバイトには、日中の勤務時間だけではなく、早朝や深夜のアルバイトもあります。
事務所や特定の場所に勤務せず、様々な現場を転々とするアルバイトという場合もありますね。
こうしたアルバイトの場合、在籍確認が取れずに審査落ちしてしまう可能性があります。

 

在籍確認で、審査に問題なく対応するコツ

例えば、深夜の牛丼店のアルバイトだと、働いている時間帯は貸金業者が閉まっています。
電話をかけた時に出た人があなたの名前を知らないという可能性もあり、在籍確認が非常に取りにくい状態です。

 

現場を転々とするアルバイトの場合、そもそも電話連絡が取れないということもあります。
これだけの理由で審査落ち・・・ということはあまりありませんが、職歴浅いというステータスがプラスになると、少し不安ですね。

 

この場合、日中勤務の人や事務所にいる事務や経理の人に、電話がある旨をしっかりと伝えておくといいでしょう。
在籍確認は本人が対応する必要は必ずしもなく、他人であっても本人の勤務実態が確認できればいいのです。

 

しかし、「キャッシンの審査の在籍確認で電話がかかってくると思います」とはなかなか言いにくいことですね。
そこまで正直に答えずとも、「クレジットカードの審査の在籍確認の電話がかかってきます」と伝えておくといいでしょう。

 

業者は業者名を名乗らず電話をしてきます。なので、キャッシングかクレジットカードなのかは電話応対した人にはわかりません。
クレジットカードであればみんなが持っていますから自然に伝えることができますね。