収入が不安定な風俗勤務でもお金を借りれる?

世間的に風当たりの強い風俗勤務や水商売勤務ですが、どんな職業であれ、自分で働いてお金を得るということはすばらしいことです。
少しずつ世間に認められ始めてはいますが、まだまだ一般的な職業と比較するとちょっと色眼鏡で見られがちですよね。
そういう部分が、経済的な信用にはっきり現れます。

 

しかし、風俗勤務や水商売勤務の場合、自分を磨くことがとても大事なことです。
自分を磨いて美しくなることで更なる収入アップも目指せますから、自己投資は欠かせないものです。

 

そのために切磋琢磨しているとお金が足りなくなることもあります。そんな時、お金を借りれたらいいなぁと思うことってありますよね。

 

風俗勤務や水商売の場合、銀行カードローンの審査は通りにくいと考えておきましょう。

 

お金を借りるなら銀行以外の街の貸金業者や、大手消費者金融のキャッシングです。
こうしたところであれば、風俗勤務だからという理由で断られることはありません。

 

こうした業者が重要視するのは、その人が継続した収入があるかどうかです。
どういった職業をしているのかは、あまり気にしていません。

 

審査に通らないのは店側にも問題がある

審査に通るためには、自分の給与明細や源泉徴収票をきちんと提示すると通りやすくなります。
風俗や水商売であっても、合法な勤務先であれば、そうした書類をしっかりと渡してくれます。
もし、頼んでも渡してくれない場合、その勤務先は違法営業をしているかもしれません。

 

また、在籍確認についても考えておいた方がいいでしょう。
まず確認しておきたいのは、そもそも勤務先に固定電話が置いてあるかどうかということです。
在籍確認の電話は基本的に勤務先の固定電話に行われます。なので、固定電話がなければ在籍確認をすることができません。

 

風俗や水商売は営業時間が夜遅くから早朝の場合も多く、そもそも消費者金融などが営業している日中の時間には誰も勤務先にいない場合もあります。
こうした場合、給与明細や厳選徴収票、そして社会保険の健康保険証を提示するといった方法で在籍確認を行なわずに済む場合もあります。

 

これらの書類は、収入や勤務先を証明する書類でもあります。
書類の提出をもって在籍確認の代わりとしてくれるところもあるのです。

 

もちろん、全ての業者がそうだというわけではないので、電話での本人確認の際に事情を話して確認しておきましょう。

 

 

借入審査に通らないのは、本人の経済的信用に問題がある場合もありますが、固定電話がない、収入証明書が発行されないなど、職場としての問題が大きい場合もあります。
そんな場合は、一旦は諦める他ありません。
せめて、店長や社長に協力してもらえるようにお願いしてみましょう。