運転資金が足りない

自営業をしていると。様々な局面でお金が必要になります。
事業を立ち上げる時はもちろんのこと、設備投資をする際や、当面の運転資金を確保するなど、いくらお金があってもなかなか足りません。

 

代金をすぐに支払ってくれる業者ばかりならいいですが、支払いが数か月先と決まっている業者と取引をすることもあります。
その場合、その間のつなぎ資金も確保しなければなりません。

 

こうしてお金が足りなくなってしまった時、お金を借りようと真っ先に思い浮かぶのが、大手の消費者金融ではないでしょうか。
しかし、残念なことに、大手消費者金融の多くでは、事業目的で融資することを認めていません。
消費者金融は消費者個人の利用目的のために貸し出すのが目的の会社だからです。

 

では、どこからお金を借りればいいのでしょうか。

 

ノンバンクのローンなら翌日融資も可能

こういう時は自営業者のためのカードローンがありますので、そちらを利用するといいでしょう。
大手の金融業者でも、オリックス・クレジット、アイフルなどでこうしたカードローンが取り扱われています。

 

自営業者のためのカードローンを専門に行っている業者も全国にあります。そちらから借りることを考えても良いのではないでしょうか。
銀行や政府系金融機関と比較すると金利は高くなりますが、その分審査も簡単です。
最短翌日には数百万円振り込みということも可能なので、急ぎで資金が必要な人には、ありがたいですね。

 

街の金融業者も視野に入れると、更に選択肢は広がります。
街金の中には大手消費者金融と差別化を図るために、特定の人をターゲットにした金融業者がたくさんあるのです。その中には自営業者をターゲットにしたものもあります。
商品の性質は業者によって異なり、無担保で借りられる商品もあれば、担保を設定しなければならない商品など、さまざまです。

 

不動産以外にも、工場機械を担保に借りれるローンも

担保があれば、ないよりも多くのお金を借りることができるでしょう。
では、どのようなものが担保になるのでしょうか。
確実なものは、不動産です。

 

自宅や工場の敷地、建物などがあります。こうした担保は、担保価値は安定していますので、より多くのお金を融資してもらえるでしょう。
こうした担保にできるような土地や建物がなくても、他に担保にできるものはあります。
例えば地方銀行では、機械担保ローンを実施しているところもあります。

 

工場にある各種機械を担保にしてお金を融資してもらえます。
不動産担保のローンが多い中で、動産の資産価値に注目した珍しいローン形態です。
ただし、担保にできる工場の機械は、自分に所有権があるもの、または所有権が自分になる予定のものに限られています。リースしている機械は対象となりません。