自己破産後に借りるのは難しい

金が増えると、返済は思うように進まなくなってきます。
そして借金を返済するために借金をし、借金が膨らんでしまうという悪循環に陥る人は少なくありません。

 

本来であれば、そうなる前におまとめローンや借り換えローンを使って利息を少なくして乗り切ったり、任意整理や個人再生の制度を利用して地域金融業者などの貸金業者と交渉したりといった手段を使った方がいいでしょう。
しかし、それでも返済できない場合、最後の手段である「自己破産」をするしかありません。

 

自己破産をすれば借金を返済する義務はなくなります。
その一点だけを考えると、自己破産でとても明るい未来が築けるような気がしますね。
ところが実際には、自己破産には大きなデメリットもあるのです。

 

例えば、クレジットカードは新規発行してもらえません。みんなの生活に根付いているスマートフォンの分割払い契約もできなくなります。
さらに言うと、保証会社を保証人にした賃貸契約もできません。

 

そして最大のデメリットは、新たに借金をすることができなくなってしまうことでしょう。
全ての貸金業者から現金を借りることができなくなってしまうのです。

 

「自己破産をした人にお金を貸してはいけない」という法律があるわけではありませんが、一度お金を返さなかった人に対して、貸し手は厳しい目を向けるようになります。
クレジットカードやスマートフォンの分割払い契約も、同様の理由でできなくなります。
任意整理や個人再生でしたら、5年間程度で再びお金を借りられるようになるのが一般的です。
しかし、自己破産となりますと最低でも10年間は新たにお金を借りることができません。

 

どうしても借りたいなら友人・知人を頼る

そのようなステータスの人が「10万円借りたい」と考えた場合、どのような方法を使えば借りることができるのでしょうか。
自己破産から10年間経過していなければ、取るべき方法は極わずかです。

 

まずは、親類や友人から10万円借りる方法です。
親類や友人であれば、貸金業者よりかは幾分か優しい目で見てくれるでしょう。

 

しかし、自己破産経験をした人に10万円貸すということはなかなか勇気のいることです。
こうした方法が無理であれば、質屋を利用しましょう。

 

質屋であれば質草(質に入れる品物)があって、それが10万円以上の価値があるものであれば、お金を貸してくれます。
万が一お金が返済できなくても、質草が質流れになるだけです。質屋は取りっぱぐれないのです。

 

自己破産から10年を超えたら、信用情報機関に問い合わせをして、「ブラックリスト」にその情報がまだ載っているかどうかを確認しましょう。
もし情報がないようであれば、新たに借り入れをすることは難しくないでしょう。