年金を収入として認めてくれるかどうか?

「親に収入があるから自分も大丈夫」と思って銀行のカードローンや消費者金融のキャッシング、街の金融業者などにお金を借りに行く人は少なくありません。
しかし、貸し手がみるのは親の収入ではなく、申込者本人の収入です。

 

申込者本人が収入を得ていなければ、基本的にどこの貸金業者もお金を貸してはくれません。

 

専業主婦の場合で、配偶者が安定した収入を得ている場合、配偶者の収入を「みなし収入」として、申込者本人の収入とみなして申し込むこともできます。
また、当然の話かもしれませんが、教育ローンの場合は、在学中の子どもではなく親の収入や職業を対象にして審査をしています。

 

年金受給者の場合、年金収入が収入としてみなされるかどうか、業者によって対応が分かれます。
年金受給者のためのカードローンを設けているところもありますので、そうした商品を利用すると良いでしょう。
ただし、カードローンには申し込み年齢に上限があるので、お気をつけください。
これらはあくまでも例外的なケースであり、通常は申込者本人の働いて得た収入で審査を行います。

 

学生は自分の収入がメイン。無職なら派遣バイトなどの登録を

学生ローンの場合、学生が申し込むことができますが、その場合であってもそこに変わりはありません。
申込者である学生が審査の対象となるのです。
学生ローンという名前だから、学生の自分が親の収入をみなし収入としてお金を借りられるのかな?と考える人もいるようですが、実際には違います。
学生が、アルバイトなどをして自分で稼いだ収入で審査をして借り入れをするカードローンの学生ローンと言います。
年金を受給している親の名義で作ったカードローンのカードを、子どもが使うという手もなくはありません。

 

ただし、カードは基本的に申込者本人が使う前提で発行されています。
それに違反をすることになるので、万が一の際に補償されない可能性もあります。
なので、自分が無職であるためにお金を借りられないから親の年金でと考えるよりも、職を見つけて自分の収入で申請するのが1番いいでしょう。

 

なかなか職に就けないというには、とりあえず派遣会社に登録をするという手段があります。
派遣会社に登録をしていれば、実績がなくても「派遣社員」になれるからです。

 

派遣社員に貸し出しを行なっているカードローンやキャッシングは少なくありません。
とりあえず派遣社員になって、そういった貸金業者で申し込むようにしましょう。

 

親の年金収入を当てにして、自分が無職のまま申し込むのは難しいと考えておきましょう。